menu

必修予想問題

必修予想問題

予想問題で必修問題対策。あわせて知っておきたい知識も解説!

<no.01>保健師助産師看護師法
保健師助産師看護師法の一文である。
「保健師、看護師又は准看護師は、正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。
     後においても、同様とする」に入るのはどれか。
  1. 業務が終わった
  2. 治療行為が終わった
  3. その人が亡くなった
  4. 保健師、看護師または准看護師でなくなった

解答を表示する

解答4 保健師、看護師または准看護師でなくなった

 保健師助産師看護師法の「守秘義務」の規定で、答えは「保健師、看護師または准看護師でなくなった」後です(4.○、1.2.3.×)。
 助産師に対しては、刑法134条に「医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する」と定められているので、この条文も覚えておきましょう。


ここもおさえよう

 これまでの必修問題のうち、保健師助産師看護師法に関係する問題を分析してみました(全部カンペキに覚えておいてください)。
 選択肢がいくつか考えられるのは、次の問題群です。


①「看護師免許の付与における欠格事由」(110回午前5、103回追加試験午後5)
●次のいずれかに該当する者には免許を与えないことがある(第9条)。  

1)罰金以上の刑に処せられた者
2)1)以外で、保健師、助産師、看護師、准看護師の業務に関し犯罪または不正の行為があった者
3)心身の障害により保健師、助産師、看護師または准看護師の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの
4)麻薬、大麻またはあへんの中毒者  


②「看護師の免許の取消しを規定する法律」(108回午後5)
●答えは「保健師助産師看護師法」(第14条)。
●保健師、助産師、看護師が第9条各号のいずれかに該当するに至ったとき、または保健師、助産師、看護師としての品位を損するような行為のあったときは、厚生労働大臣は、次に掲げる処分をすることができる。  

1)戒告
2)3年以内の業務の停止
3)免許の取消し  


③その他、国試で出題された保健師助産師看護師法に関係する問題
必修予想問題画像

執筆:大塚真弓(看護師国家試験対策アドバイザー)

他の過去問を見る>

週1回、Twitterのプチナース公式アカウントから頻出の過去問を出題。さらに翌日、国試対策のプロによる解説を公開します。毎週水・木曜日をお楽しみに!

Twitterで表示