menu

わかる! 使える! 
バイタルサイン・フィジカルアセスメント

わかる! 使える! バイタルサイン・フィジカルアセスメント
定価
本体1,900円+税
発売日
2019/2/20
著者
中村充浩

編集部のオススメポイント

患者さんのケアに必要なバイタルサイン・フィジカルアセスメントを厳選し、たくさんの写真・イラストを使ってわかりやすく解説しています。
基礎知識や手技はもちろん、アセスメントや報告・記録のしかた、患者さんの状態・疾患・経過別の観察項目まで収載。看護学生の実習に役立つ1冊です。

読者のレビュー

  • 「基準値内=正常」ではないことが載っていて、これは実習でも大事なポイントでした。器具の名前がわかり、それぞれの使いかたもわかりました。報告のしかた、アセスメントの方法など、すぐに実習に使える大事なところが載っていてとてもよかったです。
  • 実習で使いそうな技術が本当によくまとめられていて驚きました。どれも基本的なことではありますが、これができていないと次に進めないので、コンパクトにまとめられていてよかったです。
  • よく実習で受け持ちとなる患者さんの疾患がおさえてあってとてもわかりやすかったです。ベッド上安静の方を受け持つことが多かったので観察の視点について理解できました。

この本の内容

  • たくさんのイラスト・写真と、ていねいな説明でバイタルサイン・フィジカルアセスメントを解説しました。
  • 手技の流れはもちろん、アセスメントの方法や報告、実習でよく受け持つ患者さんの疾患別の観察ポイントなど、実習で必要な知識を、ぎゅっと凝縮しています。

01
まずさいしょに基本手技をマスターしよう

フィジカルアセスメントってなに?
フィジカルアセスメントのすすめかた
フィジカルアセスメント実施時の注意点
問診のポイント
視診のポイント
触診のポイント
打診のポイント
聴診のポイント
感染予防

02
バイタルサインをマスターしよう

バイタルサインってなに?
体温
脈拍
呼吸
血圧
意識
バイタルサイン測定の実際とアセスメント
バイタルサインの報告のしかた、記録の書きかた

03
フィジカルアセスメントをマスターしよう

フィジカルアセスメントの目的とポイント
呼吸器系のフィジカルアセスメント
循環器系のフィジカルアセスメント
消化器系のフィジカルアセスメント
筋・骨格系のフィジカルアセスメント
神経系のフィジカルアセスメント
フィジカルアセスメントの報告のしかた、記録の書きかた

04
状態・疾患・経過別
必要なフィジカルアセスメントと根拠

急性心不全(AHF)・慢性心不全(CHF)
高血圧(HTN、HT、HBP)
脳出血・脳梗塞
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
肺炎
腸閉塞・イレウス
肝機能障害
腎不全
糖尿病
大腿骨頸部骨折/大腿骨転子部骨折
ベッド上安静の患者さん

資料

(1)バイタルサイン数値のまとめ
(2)栄養・排泄のアセスメント

一覧に戻る

関連バックナンバー

プチナース2019年3月号
プチナース2019年3月号
プチナース2018年6月号
プチナース2018年6月号
プチナース2018年5月号
プチナース2018年5月号
プチナース2018年4月号
プチナース2018年4月号