menu

看護学生向け学習誌No.1 プチナースWEB

プチナースは、看護学生の授業、
実習から国試合格までサポートする学習誌です

プチナースとは?

プチナース国試部

目指せ国試合格! 国試対策配信中

おもしろ過去問

真剣に解いていたはずの過去問、よく読むと「あれれ?」。過去問におもしろく、まじめにツッコミを入れます!

今月のツッコミ!

勇気を出して伝えてほしい!

<no.13>第105回午前問題107
Aさん(20 歳、女性、大学生)は、最近、同じ大学に所属するパートナー(21 歳、男性)との性交後に白色帯下が増えた。外陰部に腫瘤はみられず搔痒感や痛みはないが、時々、下腹部に痛みがあった。Aさんは性感染症〈STD〉を疑い、1人で産婦人科クリニックを受診した。診察時の体温36.8 °C、脈拍62/分であった。

Aさんは「彼とは交際を続けたいので、性感染症〈STD〉のことは黙っていてもよいですか。今日、相談に来たことも彼には話していません」と看護師に話した。
Aさんに対する看護師の対応で最も適切なのはどれか。
  1. パートナーには話さなくてもよいと伝える。
  2. パートナーに来院を促す電話をすると伝える。
  3. Aさんが通う大学の保健センターの看護師に相談するよう勧める。
  4. 性感染症〈STD〉に罹患したことをAさんからパートナーに伝えるよう勧める。

お役立ち

実習お役立ちBOOK 実習に役立つコツや看護技術のギモン解決、実習で失敗しない方法をたっぷりご紹介!

SNS

Instagram

プチナースInstagram
本誌制作情報など鋭意更新中!

フォローはこちらから