menu

プチナースBOOKS ベーシック 書いて覚える解剖生理ワークブック

プチナースBOOKS ベーシック 書いて覚える解剖生理ワークブック
定価
本体2,300円+税
発売日
2016/1/20
著者
安谷屋 均

編集部のオススメポイント

解剖生理学の、覚えておきたい知識を、系統別・項目別に厳選しました。カラーの「図問題」と、それに関連した「文章問題」を繰り返し解いて、書くことで実力がついてきます。「解答・解説編」は別冊になっているので、使いやすいのもポイントです。

読者のレビュー

  • 授業では理解しにくかったことが、非常にわかりやすく載っていました。(10代・男性)
  • イラストがカラーで見やすくて嬉しいです。さっと復習できる分量なので、使いやすいと思います。(10代・女性)
  • 買うときは少し高く感じましたが、解剖生理は看護のいちばん基礎となることなので、見やすくイメージしやすいイラストだと、勉強しようという気になります。(20代・女性)

この本の内容

看護に必要な解剖生理学の、覚えておきたい知識を、系統別・項目別に厳選。カラーの「図問題」と、それに関連した「文章問題」を繰り返し解いて書くことで実力がついてくる。別冊「解答・解説編」つき。

  • PART 1 細胞・組織
    細胞 (1)細胞の構造 (2)細胞分裂 (3)遺伝
    組織 (1)上皮組織 (2)結合組織 (3)筋組織 (4)神経組織
  • PART 2 骨格系
    骨格/関節の構造/骨の構造/頭蓋骨/上肢骨 (1)肩・上腕の骨 (2)手の骨
    脊柱/胸郭/骨盤/下肢骨 (1)大腿・下腿の骨 (2)足の骨
  • PART 3 筋肉系
    骨格筋/頭頸部の筋/胸腹部の筋/背部の筋
    上肢の筋 (1)肩関節の運動 (2)肘関節の運動
    下肢の筋 (1)股関節の運動 (2)膝関節の運動 (3)足関節の運動
    筋収縮のしくみ
  • PART 4 循環器系
    心臓/血管の構造
    動脈系 (1)全身の動脈 (2)頭部の動脈 (3)上肢の動脈 (4)下肢の動脈 (5)胸腹部の動脈
    静脈系 (1)全身の静脈 (2)頭部の静脈 (3)四肢の静脈 (4)胸腹部の静脈
    門脈系/胎児循環/リンパ系/血圧と心音/心電図
  • PART 5 血液・体液
    血液 (1)血液の成分 (2)血液凝固 (3)血液型 (4)免疫 (5)血液のpH
    体液 (1)体液の組成
  • PART 6 呼吸器系
    気道/副鼻腔/肺/胸腔/ガス交換/肺気量/呼吸調節/呼吸運動
  • PART 7 消化器系・代謝
    消化器のしくみ/腹膜後器官
    消化管 (1)口腔 (2)胃 (3)小腸 (4)大腸
    消化酵素/排便
    肝・胆・膵 (1)肝臓 (2)膵臓
    栄養 (1)糖質・脂質・タンパク質 (2)ビタミン
  • PART 8 泌尿器系・生殖器系
    泌尿器系 (1)尿のながれ (2)腎 (3)排尿のしくみ
    生殖器系 (1)男性生殖器 (2)女性生殖器 (3)性ホルモン
  • PART 9 内分泌系
    内分泌腺の働き/松果体/下垂体/甲状腺/膵臓/副腎/精巣・卵巣
  • PART 10 体温
    体温維持のしくみ/高体温/発汗
  • PART 11 脳神経系
    神経細胞と情報伝達
    中枢神経 (1)脳の構造 (2)大脳 (3)脳幹部
    末梢神経 (1)脳神経 (2)脊髄神経 (3)自律神経
    髄液循環/睡眠と休息/脳の発生
  • PART 12 感覚系
    味覚/嗅覚/聴覚/視覚/皮膚感覚
  • 資料:覚えておきたい基準値と語句

一覧に戻る

関連バックナンバー

プチナース2019年3月号
プチナース2019年3月号
プチナース2018年6月号
プチナース2018年6月号
プチナース2018年5月号
プチナース2018年5月号
プチナース2018年4月号
プチナース2018年4月号